薄毛整体師やべっちが教える<AGA治療薬 プロペシア>

ども!

薄毛治療の専門家 やべっちです。
今日はAGA治療薬プロペシアについて毛髪診断士を指導する講師の視点から書いていこうと思います。

 

早速ですが、AGAの代表的なお薬は何かご存知ですか?
タイトルにも載せているのお分かりの方もいらっしゃると思いますが、

日本中で使われているAGAの治療薬にはミノキシジルプロペシアがあります。

中にはフィナステリドという治療薬も耳にしたことがあるかもしれませんね。

 

そんな治療薬ですが、
薄毛整体でたくさんの症例を見てきた中で、AGAの治療薬の効果で世間になかなか言われていないことも見えてきました。

 

それは、あくまで私の個人的な意見にはなりますが、
AGA治療薬プロペシアミノキシジルを私はあまりおすすめできないということです。

 

確かに、
プロペシアミノキジルはいいお薬なので髪の毛の育毛、発毛に期待は持てます。
ですが、もし仮にプロペシアミノキシジルで髪の毛が生えたとしても多分、あなたの望んでいる姿にはならないからです。

 

その中でも今日はプロペシアの世の中では言われていないことをお話ししていこうと思います。

 

あなたがもしAGAや薄毛もしくは最近抜け毛が多く、AGAに対するいい対策はないのか?

プロペシアミノキシジルをこのまま飲み続けてもいいのか?

と悩んでいるなら最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

では、プロペシアについて書いていきます!

 

<そもそもAGA治療薬のプロペシアとは?>

プロペシアとはどういった治療薬がご存知ですか?
AGAの治療薬の中でもかなりメジャーな存在になっているため、名前は聞いたことある!

という方も多いのではないかなと思います。

 

「男性 薄毛」とか「薄毛治療」とか「AGA治療薬」なんかで検索しても結構ミノキシジルとプロペシアの情報も多く出てきますよね。
むしろ治療薬情報の場合はこの2つの紹介が多いと思います。

 

サイトを見ていると、「AGA治療薬はプロペシアかミノキシジルがオススメ」と書かれているサイトを閲覧して、ビフォーアフターの写真もたくさんあって、「これなら俺にも合いそうだ!」と思うだろうし、金額的にも月にもなんとか手が出そうだと感じてしまいますよね。
だからこそまずは今日はプロペシアについて」学んでほしい。

 

プロペシアとは、
AGA(男性型脱毛症)の治療薬として認められている、飲む育毛剤とも言われています。
また医療用医薬品として効果と安全性が認められているとも言われています。
しかし、私が今まで多くの患者さんと出会う中で、プロペシアを利用してから来院される患者さんも多くいました。

 

その患者さんの中で共通して言っていたこと、それは
「効いているのかわかりませんでした」という一言でした。
本当にたくさん聞いてきました。

 

プロペシアAGAで悩んでいる人なら知らない人は逆に少ないくらい、今いろんなサイトやブログでも紹介されているし、また手軽にネットで購入することだってできるようになってきました。

 

海外で使用されている、輸入品のプロペシアも多く出回っています。
もし利用を迷われたらHPからメールでもいいので相談いただけたらアドバイスできるのでお気軽にご相談してください。

 

さて、そもそもAGAの治療薬であるプロペシアはどのような作用でAGAに働きかけているのでしょうか。

 

またプロペシアにはどんな効果があるのでしょうか。

 

プロペシアの効果効能を言うとね、
AGA(男性型脱毛症)の原因の一つとされている「DHT」の抑制なんだ。
「DHT」とは、AGAの原因の一つとしてとても重要で、ジヒドロテストロンの略称で使われています。あなたももしかしたら既にネットで調べてご存知かもしれません。

プロペシアの作用として、勘が鋭いあなたならお気づきになっているかもしれませんが、
プロペシアの特徴は、AGAを進行させるDHTの抑制です。

①DHTがあなたの男性薄毛と関係性がなかったという場合は薬の効果が期待できません。

②DHTを抑制するだけなので、AGAの進行は防ぐことができますが、回復する効能を持ち合わせていないということです。

 

①のあなたの男性薄毛と関係がないとはどういうことでしょうか?
これには個人個人の原因が深く関係しています。
AGAの原因は一人一人全く異なっていきます。
食生活が影響しているかもしれないし、睡眠の質が影響しているかもしれないし、内臓疲労や自律神経の乱れが関わっているかもしれません。

 

私の臨床経験上、
AGAの原因は何層にも複雑に絡み合っています。
初回に大きな原因の仮説は立てることができますが、確定するか施術を進めていかないとわかりません。

 

それだけAGAの原因が複雑に関わっているのにもかかわらず、DHTを抑制するという的は小さすぎるのです。
ただ、注意してほしいことはプロペシアは効かないという訳ではありません。
いい薬になりますが万人に合う治療薬ではないということです。

 

その原因の人にとっては効果が見込まれるし、そうでない場合は効果が見込めない可能性がどうしても出てきてしまいます。

 

②のAGAの進行は防ぐことができるが、回復する効能を持ち合わせていないとはどういうことでしょうか。
DHTが毛包に影響を与えると、髪の毛はだんだん細くなり、弱くなり、抜け毛になり薄毛になっていきます。
これを止めることができるのです。
この髪の毛の退化を止めるのがプロペシアの役目になります。
しかし、注意することが、退化を止めたところで、成長はしないということなのです。

すごく簡潔にまとめると、抜け毛を遅らせるけど、髪の毛が生える作用はもち合わせていないといことになるのです。

DHTをもっと詳しくと言うと、
DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンであるテストステロンが
『5α-還元酵素』という変換酵素の働きを受けて生成されるものになります。

だから、『5α-還元酵素』がなければ、DHTはできないって事になるんだよ。
プロペシアは何をするのって言うと、その「5α-還元酵素」を邪魔する事でAGAの原因の一つでもあるDHTの生成を抑制するのです。

ちょっと難しいですよね。

プロペシアの臨床データの結果が出てるんだけど、

改善が見られた方は58%
進行しなかった方の割合は98%なんだ。

【データ元】
<国内データ 1年>臨床効果|MSD(最終閲覧日:2016年3月1日)
https://www.msdconnect.jp/products/propecia/medical_1y.xhtml

 

このデータを見ても、抜け毛の量が治ってきたという事になります。

ただお薬をやめるとどうなると思いますか??

プロペシアを飲んでAGAの進行が抑えられたとして、プロペシアを飲まなくなると、再びDHTが産生されるようになるのです。

つまり、お薬を飲んで回復した髪の毛はお薬を飲み続けないと維持ができなくなるのです。飲み続けるということは月に数万のコストが一生続いてしまうことになります。

プロペシアは根本療法ではなくて、対処療法になるのです。

加えて、データ結果からもわかりますが、誰にでも効果が当てはまるわけではありません。
だから、当院にも「プロペシアを飲んでも回復しないんです。どうしてですか?」と質問してくる患者さんも多いことは頷けます。

 

逆に、飲み続けないといけないプロペシアって副作用ないの?」と思いませんか。

 

実は、、、あります。

 

えっ・・・プロペシアを飲んで効果を感じなかった人って、ただ副作用がでるだけ、、、という恐れも出てきてしまうのです。

 

ここで、AGAの代表的な治療薬である、プロペシアのお話をお話をまとめる

 

・プロペシアはいいお薬ではあるものの、AGAの進行を抑制する治療薬であるため、直接育毛や発毛に関係する治療薬ではない。
・あなたのAGAの原因にフィットしていて、飲んだら効果があるということがわからない
・対処療法的にDHTの産生を止めているため、服薬を辞めてしまうと、DHTの産生が始まるため、AGAが再び進行してしまいます。
・服薬し続けることにより、副作用の恐れも出てくる

 

これらが私の臨床経験上もっと患者さんに知ってもらいたかったプロペシアの特徴になっていきます。

 

<えっAGA治療薬のプロペシアに副作用があるの・・?>

 

効果のある薬には副作用についたも考えないといけません。
効果がある分だけ体が変化しているということだからです。

 

ちょっと怖いなぁと思うかもしれませんね。
私も実際にお薬に手を出そうか非常に悩んだ時期がありました。
ですが、コスト的にも厳しいことと、治療家である自分にとって対処療法でいいのか?というところで納得がいかなかったのです。

 

では、AGA治療薬のプロペシアにはどんな副作用があるのかをお伝えしていきます。
いくらAGAに対する効果が期待され安全性があると言われてるプロペシアだって副作用はあります。

 

代表的な副作用は
肝機能障害や鬱
性機能の減退(これには勃起不全もある)
下痢や腰痛、頭痛などの消化器症状

 

必ず副作用が出るってわけではないんだ。
でも絶対にでないわけでもないんだ
ただ性機能の減退は割と多いと言われています。
もし、副作用がでた場合は必ずすぐに服用をやめてください。
そうすれば、まだ副作用は治りやすいので。

 

私も同じ男性として、性機能が低下することは男として自信がなくなります。
もちろん髪の毛も大事ですが、男性としてしっかりいたいものです。

 

私も医療従事者として薬を使う場合は必ず自分の体調や体質に合うかを診察する必要があると思います。
ましてやみんなのAGAの原因がDHTによるものであるとは限りません。
その場合は効果が感じられず、副作用の恐れだけがあるんだ。

 

だからこそ、自分の判断のみでの服用はおすすめしないね。
そして、AGAを回復させるために副作用のリスクまで背負って飲み続けないといけない対処療法でいいのかを自分に問いかけてほしいです。

 

<AGA治療薬として認められてるプロペシアを飲んでも効果がない??>

 

プロペシアの臨床データは先ほども紹介しましたが、残念ながら誰にでも効果がでるものではありません。
使用する人の体質や症状によっても得られる効果は違ってきます。

 

体質によって得られる効果は変わる僕たちの薄毛整体や鍼灸技術はその体質を変える事で体の中から変化をおこす治療法なんだ。
それも世界に薄毛鍼灸として論文も発表してるちゃんとした治療院だよ(笑)

 

プロペシアAGA治療薬として有効的な薬であっても、
一人一人の薄毛の症状は違うから誰にだって効果のでるものではないって事を知ってほしいです。
そして、プロペシアの量などによっても副作用がでたりするから、十分に気をつけてほしいな。

 

<AGA治療薬として認められているプロペシアについてのまとめ>

 

さて今回も結構長くお話してきましたが、
AGA治療薬を使うか悩んでいたら少しでもお力になれれば嬉しいです。

プロペシアAGA治療薬として認められている飲み薬ではあるものの、
臨床結果のように万能ではないことは私も臨床経験上たくさん患者さんと出会ってきました。

 

それに、効果があったか無かったかに限らず副作用の恐れも十分に考えられる薬であることには違いありません。

 

もちろんプロペシアは素晴らしいお薬にはなります。
ただ、AGAに悩んでいて、プロペシアを飲み続けることが、あなたの1番のAGAの治療になるのかを見つめ直してほしいです。

 

だから、私は「AGAだから」「薄毛になったから」と言って薄毛治療院の専門家によるアドバイスもなくAGA 治療薬のプロペシアを使う事はおすすめません。そして、すでにクリニックで処方されたプロペシアを飲んでいたら、いつまで飲みつづけるのかをご自身に問いかけてみてください。

 

私はAGAの男性を薄毛整体でたくさん救ってきました。
整体でよくなるのか?と思うかもしれませんが、本当に救ってきました。
もちろん昔は失敗もして、うまくいかないこともありました。
その経験もあり、今はどの患者さんにも満足いただけています。
私の大切にしていること。それは身体に正面から向き合うことです。
あなたの身体の体質と隣にいる男性の体質は全く違います。もちろん同時に治療しても途中で治療プランは変わるでしょう。

 

身体から正面から向き合うことによってAGAになりやすい体質からかわっていき、お薬を飲まない生活になります。
そして、治療を終えた先もご自身で維持できるようになってくるのです。これもあなたの体質を知るからできることなのです。

 

私自身、薄毛にも悩みました。その結果、現在は全国から患者さんが集まるほどの治療家になりました。
もしあなたもAGAかもって思ったり、すでにお薬を飲んでいて今も悩んでいるならいつでも相談してきてほしいです。
私と私の自慢の社員がしっかりと診察してあなたにあった治療法を行います。
お気軽にご相談ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • line

最新記事

インターネット限定キャンペーン

初回は体験価格にて施術できます!

初回限定 30,000円→9,980円

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-756-3520
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市中村区名駅3-20-20 名駅錦ビル3F