男性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院mens

この抜け毛って正常!?知っておきたい抜け毛の原因&対策

 

「シャンプーをすると抜け毛すごく手に絡む、、、」

「朝起きた時に、枕元に抜け毛が何本も。。。」

 

昔はこんなことなかったのに最近になって起きるとすごく不安になりますよね。

 

・このまま抜け毛が続いたらどんどん髪の毛が薄くなってしまうんじゃないか。

・鏡で自分を見た時にこんなに髪の毛がペシャッとしたことなんてない。

・なんだか最近髪型が決まらなくなってしまった。

764a85a753b02952af7cb9cee2faa43d_s

 

こんなお悩み持っていませんか?

 

 

これから抜け毛がなぜ起きるのか?の原因と

今日から実践できる抜け毛の対策をご紹介していきます。

 

 

1抜け毛の一般的な原因とは!?

 

なんだか最近抜け毛がふえてきた、、、

そんなお悩みありませんか?

ではこの抜け毛がなぜ抜けるのかを解説していきます。

 

 

抜け毛でまず覚えておいてほしいことは「髪の毛の成長サイクル」というお話です。

髪の毛には①成長期 ②退行期 ③休止期という3つの成長段階があります。

 

成長期   産毛が生えて大人の毛になる時期  

 2年~6年

退行期  髪が伸びるのが止まり衰えていく時期(2~3週間)
休止期   いつ抜けてもいい時期  (3~4ヶ月)

 

産毛が生えてきてから、成長期から順番に迎えて行き、退行期休止期を経て脱毛したあと、

また産毛が生えてというサイクルを迎えます。

 

 

成長期は毛母細胞という髪の毛の元になる細胞が活発に働くので、髪の毛は徐々に太く、長く、強く成長して行きます。

 

退行期は毛母細胞の働きが鈍くなってきて髪が伸びが止まって行きます。そして毛根部分が徐々に浮いてきて抜け毛へと向かっていきます。

 

休止期は毛母細胞の働きが完全に止まり、髪の毛も成長せず、いつ抜けてもいい状態へと向かっていきます。

 

 

軽く引っ張ったり、シャンプー時に抜けたり、ドライヤー時に抜ける髪の毛は全て休止期の髪の毛になっていきます。

 

この休止期の状態の時に正常であれば次の産毛が生える準備が始まります。

 

 

正常だとこの働きがあるため、抜け毛があってもすぐに次の髪の毛が生えてくるため問題はありません。

しかし、現状薄毛が気になってきている方はこの下から新しい産毛が生えてくる段階での体質に問題があることが多くあります。

 

 

髪の毛は何万本も存在しますが、1本1本独立してこのようなサイクルを持っています。

諸説ありますが、これらの成長サイクルは1本の髪に対して2~6年と言われています。

 

 

つまり、一般的な抜け毛の原因というのは

「寿命」を迎えているということになります。

 

 

ただ、

ここで注意してほしいことがあります。

それは髪の毛の寿命を早めてしまう「原因」があるということです。

 

 

その原因をご紹介して行きます。

・頭皮の硬さ

・シャンプー

・睡眠時間、環境

・自律神経の乱れ

・食生活

422120416c783cfced0390a905035681_s

 

 

この5つが抜け毛の原因として非常に重要になって行きます。

 

 

これらのどこかに原因があると、

頭皮環境が悪くなり髪の毛の成長サイクルが乱れてしまい、抜け毛を増やしてしまいます。

 

 

では対策を行う前に正しい抜け毛はどういうものなのか?を知っておきましょう。

 

 

2正常な抜け毛とは??

では正常な抜け毛とはどういうものなのでしょうか。

 

まず、正常な抜け毛というものは形の特徴があります。

IMG_5817

このような感じで、根元がふっくらと膨らんでいきます。

このような髪の毛を「棍棒毛」ともいいます。

 

また、毛根だけ白い状態になります。

これは、休止期を迎えてメラニンが髪の毛にいかなったためこのように根元だけ白くなります。

 

 

この写真はマイクロスコープでの写真になりますが、目で確認しても

根元の白さと根元のふっくら具合は確認することが可能です。

 

ぜひ一度確認してみてください。

 

 

このような髪の毛は全て「休止期」を迎えた髪の毛になります。

つまり抜けるべくして抜ける髪の毛になります。

 

 

正常に抜けているのにも関わらず薄毛が進行している場合は、

抜け毛の量に対して産毛の生産が追いついていないということになります。

抜け毛 >>> 産毛

 

また、よくご質問を受けるのですが、

「抜け毛の根元に白い油のようなものが付いているけどこれは悪いですか?」

ということをよく聞かれます。

 

これは毛包の組織の一部が抜け毛と一緒についてきてしまうために根元に白いものが包まれてしまいます。

 

これは、髪の毛に牽引力がかかって引っ張られて抜けた時に多くみられます。

 

休止期の髪の毛には変わりないのですが、引っ張られたことにより多少無理やり抜けてしまった場合におきてしまいます。

 

 

例えば、クシに絡まっている抜け毛の関しては根元に白い組織がついていることが多いのでチェックしてみてください。

 

 

では、正常の抜け毛がわかったところで、正常の抜け毛の量はどれぐらいあるのか確かめていきましょう。

 

 

3正常の抜け毛の量はどれぐらい??

では実際に計算式で抜け毛の数を逆算してみましょう。

 

日本人の平均の髪の毛の数は10万本と言われています。

もちろんそれよりも元々少ない人もいますし、もっと多い人もいらっしゃいます。

 

成長サイクル2年~6年の髪の毛が365日毎日抜ける計算を行っていきましょう。

 

2年の場合

10万本 ÷ 2年 ÷ 365日 = 136.9本

 

6年の場合

10万本 ÷ 6年 ÷ 365日 = 45.6本

 

 

という計算になります。

つまり、45本~137本ぐらいが正常になるということになります。

 

 

この計算からすると150本~200本以上抜け毛があるとかなり抜け毛が多いという基準になります。

 

 

一見、抜け毛が100本と言われるとものすごく多いようにも感じますが、意外と正常値ということもありますので悲観的に捉えないようにしていきましょう。

 

 

ただ注意してほしいことは、

10万本以上髪の毛があれば、髪の毛の総量が多いので自然と抜け毛の数も増えてしまいますし、動物と一緒で季節的に抜け毛が一時的に増えてしまうこともございます。

 

 

あと、

抜け毛に関しては抜けるべくして抜ける髪の毛になるので深く追うことはオススメできません。

毎日抜け毛を数えることがストレスになりかねないので注意しましょう。

 

 

また、

1日の中での抜け毛を数えることは非常に困難です。

自分が気づかない間での抜け毛も多くあるからです。

 

 

1日の抜け毛を数える目安となるのは、

シャンプーの抜け毛が1日の抜け毛の5割~7割を占めているということです。

 

つまり、シャンプーの時に50本抜けても

50本 ÷ 50% = 100本

 

1日の抜け毛は100本ほどという逆算になるのでほぼ正常値ということがわかっていきます。

 

 

どうしても1日の抜け毛を数えることは難しいのでこの逆算する計算式を使ってみましょう。

 

1回のシャンプーでバッと髪の毛が抜けることが不安に感じることも多くあると思います。

ですが、先ほどもお話したように抜け毛に関しては「抜けるべくして抜ける髪の毛」になります。

そのため抜けるものよりも今できる対策をしっかり行っていきましょう。

 

 

4AGAと抜け毛の関係性

ではこの1日に約45本~137本ほど抜ける抜け毛ですが、AGAとどのような関係性があるのでしょうか。

AGAの原因「男性ホルモン」が影響しているというお話は聞いたことあるのではないかと思います。

 

 

実はこの男性ホルモンですが、髪の毛の成長サイクルを早めてしまう働きを持っています。

すると、2~6年生えるであろう髪の毛の平均寿命がだんだんと短くなってしまい、抜け毛の数がどんどん増えてきてしまいます。

 

 

成長サイクルが乱れた抜け毛は「細く、短く、柔らかい」髪の毛が特徴です。

64cbb3066551e8ae79f1ac376eee272f_s

最近「細く、短く、柔らかい」抜け毛が増えている場合はAGAのサインかもしれません。

 

そして頭皮はどんどん抜け毛が増える一方で、産毛の生産が追いつかなくなってしまうため髪の毛の量はだんだんと減ってきてしまいます。

 

これがAGAと抜け毛の関係性になります。

 

 

大事なことは抜け毛を見ることよりも、なぜ抜け毛になりやすい体質なのか?という根本的な原因を見つけることが大切です。

 

 

では実際にご自身の抜け毛の体質をセルフチェックしてみましょう。

 

5抜け毛が増えやすい体質かセルフチェックしよう!

 

抜け毛が増えやすい体質というのはどういう体質なのか実際にチェックしてみましょう。

 

□ 頭皮を動かそうとした時に全く動かない

□ 肩こり、首こりをよく感じる

□ 眠りが浅かったり、夢をよく見てしまう

□ 朝起きた時のだるさを強く感じる

□ 頭皮のベタつきが強い

□ 食生活で炭水化物と脂質が目立つ

 

この6点、あなたはいくつ当てはまっていますか?

 

 

6つともチェックがついた人、もしくは1つしかチェックがついていない人がいらっしゃるかと思います。

実は、この項目は1つでもチェックがついた場合は

抜け毛が増えやすい体質を表しています。

 

 

ではこのような体質を見直すためにまずどのようなところから生活を心がけていけばいいのかご紹介していきます。

名古屋薄毛

6今日からできる抜け毛への対策とは!?

では実際に今日からできる抜け毛への対策を実践していきましょう。

 

 

①シャンプー

早速ですが、まずシャンプーの考え方で気をつけていただきたい点があります。

それは、シャンプーの力での育毛効果や脱毛防止効果は期待できない。ということです。

 

シャンプーの役割は「いかに頭皮にやさしいもので、頭皮を清潔に保つか」ということが一番重要になります。

 

なので市販のシャンプーは洗浄力が強いためあまりオススメすることはできません。

 

ネットで育毛シャンプーも多々出回っていますが、そもそも育毛効果が期待できないのにシャンプーにコスト面をかけることはあまりオススメできません。

 

頭皮への優しさ、コスト面を考えた時に一番オススメなシャンプーは「石鹸シャンプー」になります。

これが一番頭皮に優しいものになるので、当院では石鹸シャンプーをオススメしています。

 

もう一つ気をつけていただきたいのが「洗い方」です。

 

泡でしっかり洗えばいいじゃないか!いや、違います。

洗うことよりもお湯ですすぐことが何よりも大切です。

時間にして2~3分。

シャンプーの前も後も行います。

 

 

これってやってみると結構長く感じます。ですが、これを行うか、行わないかでかなり大きく違います。

 

 

たくさんすすいだら抜け毛が増えそう、、、

 

そんな不安も出てくると思います。ですが、先ほどもお話したように抜け毛は抜けるべくして抜けていきます。

 

大事なことは、今抜ける髪の毛よりもこれから育つ髪の毛です。

これからの髪の毛のためにベストな頭皮環境を作っていきましょう。

 

 

②睡眠

実は睡眠と髪の毛すごく関係しています。

睡眠の質には自律神経が深く関わっていますし、夜中は成長ホルモンが分泌されるため髪の毛の成長に一番関与していきます。

睡眠時間の理想は6時間~7時間になります。そして、成長ホルモンの分泌が最大になる22時~午前2時にできるだけ睡眠が取れるようにしていきましょう。

 

 

そしてさらに大事なポイントは「睡眠の質」になります。

 

自律神経が乱れていると、睡眠の質が悪くなってしまい「夢を多く見たり」「朝を起きた時にだるさが残ったり」「睡眠が浅い」と感じることが多くあります。

 

対策として、

・寝る2時間前には入浴を済ませる

・寝る前のTVやスマートフォンの利用を避ける

・寝る環境は明かりが少ないところで寝る

 

この3点を心がけてください。

 

睡眠の質が上がるだけでも抜け毛の量が変化したり、髪の毛のコシやツヤがアップすることはありますのでぜひ実践してみましょう。

 

 

③抜け毛やAGA対策になるツボ押し

抜け毛が気になると頭皮マッサージをすればいいんじゃないかな?と思うこともあると思います。

確かに頭皮の血流アップを目的にしていたら頭皮マッサージは有効です。

 

今日は、根本的に頭皮の環境を整えるために、体質のカギとなるツボをご紹介していきます。

それが、

 

⑴太衝

⑵三陰交

 

というツボになります。

どこにあるのか?ですが、

 

⑴の太衝は足の親指と人差し指の間をなぞって指が止まるところになります。

IMG_7360

 

 

⑵の三陰交は内くるぶしから指4本上で脛骨という骨の後ろ側にあります。

IMG_7361

 

⑴の太衝ストレスや肝臓のツボになります。

お酒が好きな方や、日頃ストレスが溜まっている方はここを押すと痛い感覚があるかもしれません。

 

⑵の三陰交消化器系のツボになるのでここがブヨブヨと柔らかかったり、押した時にやや痛みが感じる時は消化器の調子が下がっているサインになります。

 

この⑴と⑵のツボを痛気持ちいぐらいの強さで20秒~30秒マッサージしてください。

 

痛いからOKというわけではありませんので、気持ちいい程度の強さで毎日続けていきましょう。

1日3回ぐらいできるとベストです。

まずはこれが抜け毛を防ぐ体質改善の対策第一歩になっていきます。

 

 

④食生活を少しずつ意識しましょう

食生活を気をつけることによって頭皮の環境はすごく変わっていきます。

 

食生活が乱れている人の共通点として

・頭皮が硬い

・頭皮がベタベタする

・顔もベタベタする

・フケが多い

・頭皮にニキビができる

 

このような症状が出てきます。

 

 

これは食生活の乱れにより、内臓が疲労を起こしてしまい、うまく消化・吸収できなくなることで頭皮にこのような症状を起こししてしまいます。

 

本来だと汗、便、尿で老廃物が排泄されますが、それで追いつかなくなると、皮脂やフケが過剰に出てしまうこともありますので食事は大切にしてください。

 

 

食事内容としては、バランスの良い食事をとることを心がけてください。

できるだけ、揚げ物や炒め物などの脂質や菓子パンなどの炭水化物を控えらるといいですね。

〇〇を食べるといい。というものではなく、まずは余分な脂質や炭水化物ををなくすことを心がけていきましょう。

44c5b4444f6ddfc16061f53c4899d78e_s

 

食事を変えると頭皮環境も変わっていきます。

健康は食事からきます。髪の毛の健康も食事から同じようにきますので少しずつ実践していきましょう。

 

 

7まとめ

抜け毛というのはやはり髪の毛のお悩みの第1位になっていきます。

この抜け毛の対策を行うことはAGAや薄毛を予防するためにも非常に大切です。

 

ただ、忘れて欲しくないことは、

抜け毛に関しては抜けるべくして抜ける髪の毛ということです。

 

抜け毛が気になる、、、という気持ちもありますが、今抜ける髪の毛はもう寿命を迎えてしまいます。

大事なことは、

これから生えてくる髪の毛を増やすこととこれから生えてくる髪の毛を丈夫にすることです。

 

抜け毛ばかり気にしていては、いつまでも髪の毛は増えていきません。

体質を整えて今後生えてくる髪の毛を大切にしていきましょう。

 

抜け毛 < 産毛

 

この考え方は非常に大切です。

 

1日の抜け毛の平均として45本~137本というお話をしました。

もちろん個人差がありますが、一つの目安としてシャンプーで80本以上抜ける場合は抜けやすいという体質になっているので体質を見直すことが非常に重要になります。

 

現在のAGAなどの薄毛治療業界ではミノキシジルやプロペシアなどのお薬もありますが、

非常に副作用が強いためやはりオススメできません。

 

薬を使ってしまうということは、薬に頼ってしまい、自分で治すということから遠ざかってしまいます。

しっかり体質から変えることでまだまだ可能性は広がります。ぜひ今日お話した対策は日頃から心がけていきましょう。

 

そして、実際に自分の頭皮環境を知って、自分のカラダはどういう感じなのか?ということを知りたい場合は一度ご相談ください。

最新記事

インターネット限定キャンペーン

初回は体験価格にて施術できます!

初回限定 30,000円→9,980円

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-1125
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル7F

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル7F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-1125

TEL:052-562-1125

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:03-6820-2829

TEL:03-6820-2829